バトルライン-26

バトルレートは2400越え。






突貫と強行軍について考えたり。

強行軍は、前方に相手がいないことが前提の制圧方法。突貫突撃は、前方に相手がいることが前提の制圧方法になる。
ミスリルアックス兵はどっちも使えるので、ドラゴンナイトでもいない限りまさに2択。使用率は低いけど、移動する略奪者ならドラゴンナイトでも止められない。自陣に入られ、このターンに排除する方法がない場合どうするか?自分だったら突貫一本に絞って道空けるかな・・
と考えて。なんで道空ける方を選ぶんだろ?と思った。・・非常になんとなくだった。

もう少し考えないと駄目だなー・・。

以下気が向いたら&自分で答えが出せたら追記。

・・しようとはしたけど。
「相手のミスリルアックス兵(移動する略奪者)が自陣2段目にいる」という条件だけだとちょっと・・。
とりあえず他の条件も考えてみる。

デッキのユニットが
・戦闘力が高い→強行軍
・ATKが高い→突貫
が基本線。

しかしイットクを考えるとATKが+1でもあると突貫の心配をしなきゃならないし、会心の一撃や嵐のラッパ吹きがあれば誰でも突貫出来る・・となるともう考えるのも面倒になる。さらにゲリラ戦術、良質な武具、各兵種の指揮官ユニット、クローディア、エールランサー、といった戦闘力を上げるカードを使えば、理論上は誰でも強行軍が可能。どんなに突貫向きなユニットでも、その裏をかいて強行軍をしかけたり、突貫しそうもないユニットがいきなり牙を剥いて突貫してくることもありえるわけで。極論すれば、「どちらも普通にある」。

冒頭の問いに戻ってみる。
「相手のミスリルアックス兵(移動する略奪者)が自陣2段目にいる」
そこに至るまでに、相手がどんなユニットを出し、どんな戦術を使ってきたか。他にも斧兵がたくさんいたのなら、突貫と見ていいはず。逆に他にも大型ユニットがいたのなら、強行軍かと。
そう考えるのを逆手にとってくることもあるだろうけど、そこまでするとなると、相手も相応のリスクを伴ったデッキ編成をしているはず。それでやられたのなら、潔く負けを認めるしかないような。

他に個人的な考え。
「相手の手札の枚数」 1枚しかないなら、普通に勝負にいっていいかも。7枚あったらきついなあ。しっかり考えて行動しないと瞬殺かも。
「こちらが次のターンに相手のミスリルアックス兵を倒せるか」 倒せない場合、相手にさらに1ターン猶予を与えるわけで、戦術的撤退やゼリグなんかを引かれる危険性が増す。次のターンに倒しに行く手段があるなら、危険でもそちらを取りたい。
「突貫、強行軍ともに相手のデッキに入っていない(or入ってても引けない)」 まあ、普通にありえる。こちらの考えすぎってこともあるし。特に両方入れるのは、必要な時に必要なものを引けるかどうか怪しく、リスクが高い。もしも両方持ってた場合は・・最初から2択じゃなくて1択だったんですよz。
[PR]

by second-sight | 2009-06-06 11:42 | バトルライン | Comments(0)

<< バトルライン-27 バトルライン-デッキメモ 7 >>