コンクエカード評価

1年の総決算で、現時点でのコンクエカード評価。

カードゲームのカード評価は大の苦手です。
評価は環境で変わるものだということもありますが、自分はその時使っているカードを高く評価してしまい、まったく公正な判断ができません。
さらに、完全下位互換でなければどんなカードも使い道があるということから、こういう場面なら強い、これと組み合わせれば使える、などと考えてしまい、評価になりません。

それでも試しに評価してみようと思います。




結果はこちら。10点満点で10点続出でしたけどね(この時点でお察し)。

※評価
自分が真っ当に評価できると思えないので、自分が使う時、相手に使われる時に分けてそれぞれ5点満点、それを合わせて10点満点という形にしました。
・自分が使う時…手札にある時の安心感、出しやすさ、場(破棄含む)での活躍、辺りを総合的に。高コストや手間のかかるコンボ持ちはちょっと辛くなります。
・相手に使われる時…出された時の感じ、場での嫌らしさ、相手手札での警戒、使われた頻度等。基本的に自分で使う時よりも評価高いです。コストやコンボについては、プラス要素は考えますがマイナス要素はほぼ度外視。


剣民兵 1+2=3
自分が使う時…戦1剣兵、他のカードの助けが必要、活躍させるのが難しい→1。というか、この項目の低さは「自分はこのカードをうまく使えない」と言ってるだけかもしれません。
相手に使われる時…0コストで出てくるなんて怖い、コンビネーションやワジュン、ミミクリなどで強化してきそう、ピリカに成ってくるかも、etc. これが低いからといって、楽に対処できるカードというわけではないのがまた何とも。
総合…単純に足しただけ。イラストの好みなどの要素は入れてません

カードごとの結果はこちら


自分の主観でしか語ってないので、異論があるのは当然で。
まあ、他人の評価は参考にしても、最後は各々の基準で考えるべきものでしょうし…ということでひとつ。
[PR]

by second-sight | 2011-12-31 22:25 | バトルライン-大会・戦術 | Comments(0)

<< 12月期 コンクエカード評価(リスト順) >>