変な方向に力を入れるのが

関係ないですが、アニメ化した「ベン・トー」、原作ではもっとセガ押しですよ、と。

続きはチャレンジメモ・対セグアデッキ。







というわけでデッキ
「対セグア」
d0116327_23251541.jpg


前回1面の騎兵で、次がなぜ3面のセグアかと言うと、単に自分のデッキの並びが、その順だっただけです。
ずっとその配置で置いていたので癖になってしまい、今さら並びを変えてしまうと、デッキを間違えてしまう可能性大w
それに従い、この順番。

セグアの面は、出てくるユニットを全て倒せばそれが高得点になるので、いつ制圧するかを考えなくてもいい。とにかく倒していくだけなので、比較的得意な面です。
初手のギアをパイクマン・ロンパイア・エスキモー・Pディゴルグ・ギア辺りで、オパールをマムルーク辺りでさっくり落とせれば、後は出てくる斧槍を、相打ち狙いでもいいので順に落としていく。
相手のデッキには強化戦術カードが入っているので、それを見越して、元から相打ちにされるように狙っていけば、変に驚かされる事態にはなりにくいはず。
執行人の斧でやられることを計算に入れながらのピリカ布陣も、ありといえばあり。

妙に手強く感じたら、射兵を数枚(出来れば英雄)入れておくか、ワジュンで全体強化をすれば、かなり楽になると思います。


最後の方にまたオパールが出てきますが、それはたぶん、序盤にあっさりやられたのが悔しくてもう一度出てきたんだと思うようにしています。
や、知りませんけど
[PR]

by second-sight | 2011-10-27 23:47 | BL コンクエスト デッキ | Comments(3)

Commented by tki at 2011-10-28 01:04 x
あ~、悔しかったのかぁ。それなら納得
Commented by ビクンッビクンッ at 2011-10-28 19:25 x
悔しい!…でも…布陣しちゃう!!(シャッ
Commented by second-sight at 2011-10-29 12:14
>あのオパールなので、そういうこともありそうかなと思いました。

>そういうことですねw

<< 千変万化 あれ、前にも出したっけ >>