10年のラノベとか

10年のラノベとかについて、感想なんかを。





まずはこの1年で自分の読んだ冊数。

10
10-18-23-20-14-15-28-18-9-17-18-4 /194

うわ、09年より増えてる。参ったな・・。

10年に新規に始まったシリーズで面白かったのは、
・さくら荘のペットな彼女
・ココロコネクト
・空色パンデミック
・101番目の百物語

次、10年に終了したシリーズで面白かったのは…
・世界平和は一家団欒のあとに
・魔王城~限目
・“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店
・ガンパレード・マーチ

他、上記に当てはまらず、面白かったのは…
・アクセル・ワールド
・空ろの箱と零のマリア
・七花、時跳び!
・月光
・境界線上のホライゾン

その他
・俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長
そういえばどこかに置いたままだ・・

ぱっと思いつくのはこんな感じかな。もちろん他にも面白いのはたくさんありました。
あまり新シリーズを買わなくなってきた気がするので、色々もったいないことをしてるかもしれないです。

それでは、「10年のラノベとか」終わります。

…とか言いつつ、文学少女の最新巻を広げてるのはどうなのか。
・・って、去年もまったく同じだった!?
なんてタイミングで出るんだ、文学少女。恐ろしい。
[PR]

by second-sight | 2010-12-31 23:59 | ラノベとか | Comments(0)

<< 2011年 12月期 >>