無限のカスタマイズ性を!

一日一戦がデフォになってる気がするここ最近。
まだ部屋立たないので、他人の部屋に入りました。
まあ、これを書いてるときには、何故か復活したのですが。






ずっと待っていても他に空いている部屋がないので、「手加減してね」部屋に入りました。
初心者&初期デッキあたりだったら、ちょっと厳しいですが・・。

まあ、杞憂でした。

使ったデッキは~
デッキ名「かすたまいず!」
d0116327_017652.jpg


兵種強化デッキです。ゲリラや会心パリィを入れてないのがこだわり。
民兵デッキのような多兵種デッキを相手に、セブーナでコピーしながら戦えたら楽しいだろうな~と、色々兵種特定の戦術を詰め込みました。
魔兵倒してファイヤーストームとか、弓兵倒して矢ぶすまとか、やってみたいよね!


ワンドラのところは最初はロクマでしたが~覚醒が前提で、覚醒しても3兵種。少々つまらないので、ワンドラにして、セブーナの兵種を増やそうと考えました。

これでミッションの真コンシューム挑んだらさすがにボッコにされましたが、スロヴィアエリール、いにしえの召喚術辺りは逆にボッコにできたので、まあいいかと。


「手加減してね」に入るデッキとしてはそんなに悪くないと思ったんだけど、実際どうなんだろう・・。
でも、対戦自体を手加減するのは、相手のデッキがちょっときつい感じだったし・・。
バランス系のデッキだったので、セブーナが出れば活躍できたんでしょうが、引けませんでした。
それなりにドローしたんですが。


しかし、相手は訳分かんない感じだっただろうなあ。
パイクマンがドラゴンランス使ったと思ったら、デッドランがビゼンを使ってきて。アダマスが矢ぶすまを発射して。
ラストで執行人、斧2、弓2、コンビ、サキラ覚醒、まではどんなデッキか判別出来なかったかも?
その意味では、魔民兵2体引いておきながら、ファイヤーストームと魔法の鎧を腐らせてしまったのは痛かった。

最後は相手の方のミスですが、途中までは難しい戦いで、次を考えるのが楽しかったです。
そう思ってたのは自分だけなのかもしれませんが・・。

これであと2戦。
[PR]

by second-sight | 2010-09-05 00:48 | バトルライン | Comments(0)

<< 迷い毎々 先生!女子が(ry >>